AI時代に考える、日本の精密機器メーカーの将来性

AIは生活を変える技術

AIで精密機器の将来性が期待される

便利な世の中にAI技術は必要不可欠になりました。知らない所で技術が応用され、便利に活用されてます。ここまでAIに頼っていいのかと思う事もありますが、アナログな手動と上手に組みあわえてAIを活用するとさらなる進化をしていくのでしょう。 これからも進化するAIにびっくりする技術と成果に期待したいですね。

精密機器は世の中を動かす

精密機器の技術は知らない所で毎日働き続いてくれてます。 研究・開発する人達のおかげで不自由する事なく生活できている部分が沢山あります。これがなくては生活・仕事ができない事がありますよね。精密機器により便利な世の中に進化していきました。物作りの技術は継承していかなくてはいけません。

AI技術が世の中を変える

今では何でもコンピューターの自動化によりスムーズに進む事が沢山あります。
一人一台所有するようになったスマートフォンを見てみると、写真・画像を編集、音声検索、室内防犯カメラと連帯して留守中の様子が分かる、顔認識をしたセキュリティーなどです。単行本サイズでこれだけの事ができるAI技術が詰まってます。繊細な動きができるのでないと困る・動かないと困る物で一番となりました。AI技術は他にも色んな分野で活躍してるので、何不自由なく暮らしていけてます。
パソコン・スマートフォンの文字予測検索機能、商品検索のお薦め品、炊飯器が好みのご飯が炊ける、電子レンジで沢山の調理できる、ちょうどいい湯加減にお風呂が沸かせる、掃除機がゴミを感知して吸い込む力を変える、スマートスピーカーに話しかけて天気・スケジュール確認、車が高速道路でぶれずに運転と色んな所でAI技術の応用が活用されてます。こうして見ると色んな所に活用されてるけど、気づいてない物がまだまだ沢山あるのでしょう。
精密機器を使うだけでなく、製造過程でもAIは取り入れられて生産性・利益向上に役立ってます。ユーザーの多様なニーズに対応できるように研究・開発・設計・製造に活用されてます。AIは精密機器を使う段階でなく、企画する段階から取り入れられている技術です。作る側、使う側のニーズに応えられる最強の技術なのでしょう。
AIの技術は便利にする事だけが目的でなく、使った人に喜んでもらえる・また使いたいと思う事で価値があります。

精密機器の将来の為にできる事

精密機器の製造でAI技術が参入しています。AIを使うと何を変えてメリットがあるのでしょうか。自動化されたプラントは殆ど人がいなく、産業用ロボットが手際よく稼働している所をニュースで見ます。今まで人ができなかった事をしてくれてるのだろうと感心します。

TOPへ戻る