AIは生活を変える技術

>

AIで精密機器の将来性が期待される

AIの歴史と意味

正式名称はアーティフィシャルインテリジェンスでアーティフィシャルは人工的な、インテリジェンスは知能です。1956年ダートマスで開催されたワークショップで人工知能と言う言葉が使われたのが始まりです。世界初の人工知能のプログラムが行われました。
1980年代特定の領域の質問に答える、その後研究・開発されて現在の深層学習でビックデータの普及が急速に進んでます。自ら学習して予測する事ができるようになってきました。
過去のデータから予測して導き出し問題解決していきます。人間が情報からリサーチして予測して、こうではないかと試行錯誤して導き出し解決するにはコスト・膨大な時間がかかりました。AIの学習スピードにより、速く正確に解決できる手段ができました。

AIができる事

AIができる事で、仕事がはかどりますね。
「言語」文章を読んで構成・意味を理解して選択、文章作成ができます。通訳・翻訳、話題になったAIとチャットです。
「音声」声を解析・抽出から文章作成、テキスト読み上げの音声合成技術があります。音声認識、特定の音声を聞き分ける事です。
「画像」画像・映像を認識して判断、画像加工技術です。防犯カメラの画像認識・自撮りカメラです。
「制御」データを元に機械の制御をします。センサー・電波により識別して制御できるIOT技術のロボット掃除機です。車の自動運転・自動ブレーキです。
「推測と判断」データを蓄積して分析・予測して判断します。インターネット検索の広告・ショッピングサイトのお薦め表示・ゲームの攻略です。
今では沢山の事がAI技術で助けられてます。


TOPへ戻る