AIは生活を変える技術

>

精密機器の将来の為にできる事

製造の需要予測

精密機器製造業は需要予測でコスト削減・業務をスムーズに導いていきます。短期間のスピード化・人手不足解消・ライン生産とセル生産で考える工場ラインを目指してAI導入が進んできました。生産量・在庫の需要予測ができると無駄な動きが減少して効率よく進んで行きます。
また、原料・材料をリアルタイムで監視して何が必要か見極めると無駄な燃料を使わず環境にも優しい省エネルギー化となり、適したプラント運営で経費削減になります。
人の需要予測は分析・処理に限界があり個々に差が出ますが、AIは経験・結果から計画的な生産計画ができます。多品種少量生産は過程が複雑で追いついていかなくなる事をAIの機械学習は繰り返す事でパターンを見つけていき、在庫管理をすると、限られたスペースの有効活用できます。
ますます複雑になる過程をよりスピーディーに読み取り生産性を上げていけます。

製造のデータ分析

人手不足に悩む製造のデータ活用は低い水準です。AIの深層学習により予測・画像認識が可能になりました。
スマートファクトリーで市場の競争に勝ち残ります。スマートファクトリーは設備・働く人を可視化して効率化・コスト削減している工場の事です。データとして蓄積・分析する事で今必要な事を見極めたり、危険を察知して物流の保全になります。高度な分析・自動化で実現するようになり、今まで見えなかった課題解決になります。
スマートファクトリーのデータ分析により、ユーザーの多様なニーズに対応できるようになりました。速い段階で危険を察知する事で機械破損・リスク減少し、コスト削減になります。出荷前に不良品は自動で取り除く事でユーザーにより良い物を提供できるようになりました。


TOPへ戻る