AIは生活を変える技術

>

精密機器は世の中を動かす

精密機器について

微細な部品で構成された機械です。イメージしやすいのがパソコン・スマートフォン・時計・カメラ、聞いた事やニュースで見た事あるのが半導体・分析器・検査機などです。細かい部品が沢山あり、工場で生産ラインがあって職人さんが細かい作業を目にします。
精密機器によって早く・正確な仕事ができるようになってきました。医療・学校・企業・家庭、沢山のシーン・目的で使われています。
一つ、一つの部品によって精密機器となり、色々な特徴の精密機器が役割を果たしてます。
行った所でこれも精密機器かなと見てみると興味がわき、面白いかもしれません。
精密機器は細かい部品が沢山あってできているので、大事に扱わなくてはいけません。
例えば、スマートフォンを落としてばかりでいると壊れてしまいますね。どこか一つでも不具合があるとエラーになってしまいます。
早く・正確に動いてくれるからこそ、大事に扱わなくてはいけません。

物作りの精密機器

ユーザーが求めている事を企画・研究・設計・販売しなくてはいけません。
ユーザーと密なコミュニケーションの営業と専門知識を持つエンジニアが協力しなくては物作りはできません。
細かな研究・開発・設計・製造・営業多くの人の力でユーザーにより良い物が届きます。試行錯誤して納得の製品ができていきます。一つの物を作るには単独でなく、周りと協力して色んな意見があって生まれます。
BtoB、BtoCによりニーズも違ってきます。何が求められてる時代なのか、流行りを一足先に読み取らなくてはいけません。
健康志向で健康診断を自主的に受診する人が増えれば検査機が必要になり、スマートフォン利用の自由度が増えれば参入する企業が増えます。
逆にスマートフォンのカメラ技術が上がりデジタルカメラの需要が下がってきてます。世の中の動きを読み取り予測していかなくてはいけません。


TOPへ戻る